36歳 お風呂に浸かっているときにフェイスマッサージ

以前は、朝も洗顔料でしっかりと洗顔していました。

 

ですが、洗顔を続けるうちに顔がカピカピに乾燥するようになったんです。

 

そのときは、洗顔料が肌に合わないのだと思い、いろんな洗顔料を試していました。

 

でも、どんなに肌に優しい洗顔料で洗っても乾燥肌は良くなりませんでした。

 

そんなときにテレビで、朝洗顔でしっかりと洗うと肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥すると言っていて、まさしくわたしのことだと思いました。

 

それからは、朝の洗顔はぬるま湯だけにしています。

 

夜にしっかりメイクを落としているのでそれで充分なのかと思っていますが、寝ている間に分泌された余分なものが落ちているのか、不安になります。

 

ですが、お湯だけの洗顔に変えてからは乾燥肌が少し改善されました。

 

ですが、乾燥がひどくなる季節になると、どうしても肌が粉を叩いたようになったり、シワが目立つように思います。

 

そういうときには美容液を多目につけるなど工夫をしていますが、なかなか改善されません。

毛穴パックで黒ずむ悪循環を経験して

顔の毛穴の黒ずみや角栓は、あるととても恥ずかしいものです。

 

特に気になるのが鼻です。

 

学生のときは何とかして角栓を取ろうと、毛穴パックを多用していました。

 

ですが、毛穴穴パックをすると肌を痛めるだけでなく、下手をすると黒ずみの原因にもなります。

 

粘着性があり、角栓を無理やり引っこ抜くものなので、剥がすときに痛みを感じることもありましたし、毛穴が開いたままになってしまいそこに汚れが入って黒ずむ悪循環に陥ったこともありました。

 

それ以来、毛穴パックは使っていませんが、鼻や頬の角栓や黒ずみを除去したいとは考えています。

 

ピーリングなどもありますが、あまり肌に負担がかかるものは使いたくありませんし、フェイスエステに通うほどのお金もありません。

 

また、乾燥から毛穴が開いてきています。

 

毛穴が黒ずんでいたり角栓が詰まっていたりすると、メイクをしていても楽しくないし、人に見られたら恥ずかしくなり、どうしても厚塗りで隠そうとしてしまいます。

マナラのモイストウォッシュゲルは、保湿と角栓除去がメイン

マナラのモイストウォッシュゲルは、メイクを落とすことが目的ではなく、保湿と角栓を除去することを目的とした朝用の洗顔料です。

 

洗顔料というと泡立てた泡で汚れを吸着して水で洗い流すイメージですが、モイストウォッシュゲルは洗い流さなくても良いので忙しい朝に活躍してくれそうです。

 

ぬるま湯だけで洗い流すよりも保湿性がありますし、角栓も取り除いてくれるなんて、女性の味方のような洗顔料です。

 

ゲルタイプの洗顔料で、顔をマッサージするように伸ばしぬるま湯で洗い流すこともできますが、コットンに含ませたゲルで拭き取って洗い流さないことも可能です。

 

朝の洗顔がぐっと簡単になります。

 

水も要らないので、冬の寒い朝には助かりそうです。

 

角栓を除去したあと、毛穴が開きっぱなしではないかと心配ですが、毛穴を引き締める成分が入っているので再び汚れが入ることもありませんし、何より保湿力があるので乾燥を防ぎます。

 

乾燥は毛穴の開きや黒ずみの天敵なので、モイストウォッシュゲルでケアをしたいです。

 

マナラモイストウォッシュゲルの口コミはこちら